天命党

天命党

天命党とは

平和をもっとも大切にし、すべての¨いのち¨の尊厳を守り、常に神聖な愛と勇気を持ち行動する世界初のヴィーガン政党です。

あらゆるものに依存した社会制度を改めて自立し、自然と共に生き、国民が安心して真の平和を感じられる調和主義を目指した国造りを行う一人も取り残さない政治を実現するのが天命党です。

 

理念

全ての¨いのち¨の尊厳を守る。

一寸の虫にも五分の魂。

地球の仙骨である日本という大地に住む日本人が緑や水、動物たちの全ての¨いのち¨によって生かされています。

私達はあらゆる困難や脅威に立ち向かい、愛と勇気を持ってこの星を守るため、罪悪、競争、破壊と決別し、万物の命を尊び、大自然を敬い、全ての調和に向け、真の平和を実現する事が目的です。

 

 党代表 小畑治彦の
プロフィール

鳴門工業高校時代に甲子園に出場した甲子園球児。

25歳で起業し、29歳で当時最年少市議会議員当選をし、既存政党の副幹事長を拝命されるも矛盾を感じ離党する。

無所属の活動から政治団体「5G6Gから子ども達を守る党」、「ワクチンから子ども達を守る党」を立ち上げ、多くの依頼を受け「日本に住む子ども達を守る党」、女性ばかりの「一丸の党」、男性ばかりの「英雄の会」を発足し、三党の連合代表として現場の課題を解決してきました。

活動を重ねる度に支援の輪が広がり、いよいよ政権を担う準備が出来たとして、令和四年旧正月でもある二月一日に天命党を立ち上げ、新しい時代を作るために全国奔走中。

時代遅れの古い体質の政治から脱却し、一人も取り残さない愛で調和した日本を守りぬく覚悟を持った行動力のある若手最有力の政治家。

小畑治彦

重点政策

食糧自給率 100%を目指す

全国での無農薬、無肥料の自然栽培農家促進と支援強化及び日本が、生存と健康維持に直結する農産物を海外に依存しなくてすむように、休耕地の有効利用と促進。

教育費完全無償化の実現

幼稚園から大学までの授業料完全無償化により家庭の事情に関係無く、全ての子供たちが夢に挑戦でき、奨学金返済の経済苦から解放。

美しい日本を取り戻す

祖先が紡いできた伝統文化のすばらしさを、再認識し、その歴史の真実を知ることで日本を心から愛せる国造り。

健康で長生きできる医療へ

東洋医学および、予防医学の充実と対処療法から根治療法への普及と薬漬けからの解放。

沖縄、北海道の地域力の強化

国土の北と南を守る日本の重要拠点の住民の多くの陳情等が、国政にほとんど反映しない現状の積極的解決とそれに伴う支援の強化。

全ての生命の危機を及ぼす環境破壊の根絶

緑、水、全ての“いのち”を大切にした地球環境を作り、自然と共に生きる真の平和の実現。

国の予算のうち特別会計の健全な使途を全国民に明らかにする

国民の同意も告知もなく、特別会計より年に200兆円という巨額が米国に納められている不条理な予算を国民の生活向上や幸福、教育制度の充実のために使えるように改正。

人権・環境・安全・国益を脅かす重要法案の改定や必要規制法案の制定

日米安保条約、日米地位協定その他の時代遅れの法案の抜本的見直しと種苗法、土地利用法、水道法、RCEP等々の改定や健康を脅かすと先進国が規制する危険な除草剤、遺伝子組み換え、ゲノム編集食品等の安全に関する必要法案の制定。

知ってほしいこと


【参議院選挙出馬会見】東京都庁 記者会見室より
【政策ムービー】憲法について
【政策ムービー】日米地位協定の見直し
【政策ムービー】種苗法について
「スタート演説、ホワイトライオンとは」【大分県臼杵市】令和4年4月1日
「政治は変えられる!」魂の演説【渋谷ハチ公前】令和4年4月19日
会計制度を複式会計に変える!【大阪梅田駅前】

選挙直前! ごぼうの党と天命党の稀有なご縁


写真説明
左:こばたはるひこ
右: ごぼうの党 奥野卓士 代表
中央は、天命党の顧問ですが、ごぼうの党代表が27才で起業した頃からの古い友人という稀なご縁で繋がっていたのです。

ごぼうの党、そして党首の奥野卓士さん最高です!やっと日本に大きな変化のうねりが来ると確信いたしました!

5日のスケジュールを見て党首が来るかもしれないから久しぶりに会って演説を聞きに行こうと急遽秋葉原での演説を関係者7人で聞きに行って参りました!
始まる前からあの大きなアドトラックのごぼうの党という文字に圧倒され興奮し、かっこいいダンサーズの斬新なデザインのロングのハッピを見てワクワクしてしまいました!

音響も全体の構成も、通常の選挙運動にはないもので全てが斬新!
党首は街宣車の上で鬼滅の刃のウロコザキ先生の雲の紋様の衣装と天狗のお面のまま話し出しました。
奇抜な演出とは真逆な、一言一言丁寧に語りかける言霊には、人々に対する誠実さと愛に溢れ、起業家でいた方があたらしい世界に入るよりストレスが少ないと思いますが、今のままの政権では一般の国民の生活が苦しくなり、当たり前の自由や幸せな暮らしが奪われていくことに危機感を感じて、もう一刻の猶予もないと立ち上がったということがよくわかります。
未来の日本を支えていく若者の声をSNS等を駆使し細かく拾って反映させていく、ごぼうの党は今のように一方的に国会の内側でいつの間にか全てが決まっていく政党と全く違う新しい風を吹き込むに違いありません。

7月10日は、投票など行ったこともないという人も、ご自身と当たり前の暮らしが守られる日本の未来のために是非とも今回は投票のためにほんの少しだけ時間を割いてください!

*投票用紙の書き方
一枚目の薄いクリーム色の投票用紙に
こばたはるひこ
二枚目に白い投票用紙に
ごぼうの党
とご記入をお願いします!